ドリームプラン・プレゼンテーション

o0800059812281728850.jpg

大人が変われば、子供が変わる!

子供が変われば、未来が変わる!!
大人が堂々と夢を語ることから日本を元気に!
 『ドリームプラン・プレゼンテーション in 名古屋』
 2010年  『女性の未来が輝くプロジェクト』プレゼンター
 2011年~2012年 実行委員長

2010年に、10年来の夢、
女性が世代を超えて交流できる場を創り、
女性が年令の枠を超えて輝ける社会(日本)に!
 
すべての女性が夢を描ける社会の実現を目指して
『女性の未来が輝くプロジェクト』のプレゼンを発表させていただきました。
 
そこから、女性のシアワセを応援する『Happy Women's Talk』の活動が広がりました。

そして、2011年には、も誕生しました。夢を応援するウサリーも誕生しました。



女性のココロとカラダの健康を守るチャリティウォーク

512 walk last 1.jpg

2012年5月12日開催
女性のココロとカラダの健康を守るチャリティウォーク
~第二回平和公園へRun for Peace』実行委員長

2011年に引き続き、実行委員長を務めました。

女性のココロとカラダの健康を守るため、
自分の身体を、いたわること、守ること、
パートナーの身体を、いたわること、守ること、
そして検査に行くことの大切さを伝え続けています。

(収益は、全額、被災地の女性支援を行うジョイセフ、その他女性のココロとカラダの健康を守る活動をしているNPO2団体に寄付させていただきました。)
 



子宮頸がん予防啓発のためのチャリティウォーク

photo-102.jpg

2011年4月9日『子宮を守る日』開催
子宮頸がん予防啓発のための
『SAVE THE PEARL チャリティウォーク
~第一回平和公園へRun for Peace』 実行委員長
 
ニューヨークに10年暮らした経験から、
日本の女性のウーマン・チェック(女性の健診)受診率の低さに驚き、
日本の若年層の性に関する意識の啓発活動に取り組んでいます。
 
2006年から、厚生労働主催 エイズ予防啓発の『RED RIBBON LIVE』に実行委員としてかかわり、
自分の身体を守ること、パートナーの身体を守ること、
検査に行くことの大切さを伝え続けています。
 
エイズ予防と同じく、身体のコミュニケーションから感染してしまう子宮頸がんの原因となるHPVウィルスの存在と、検査での早期発見により、
早期治療の大切さを伝えています。
 
(収益は、全額、被災地の女性の健康支援を行うジョイセフに寄付させていただきました。) 



HIV/エイズ予防啓発『RED RIBBON LIVE』

009.jpg

厚生労働省主催 HIV/エイズ予防啓発のための
 『RED RIBBON LIVE』 
英語ナレーション&実行委員 (2006~現在)
 
Openingナレーションはこちらでご覧いただけます。
 
 10年間のニューヨーク生活を経て、アメリカ在住中の2006年より、
レッドリボンライブに関わらせて頂き、

若い世代に向けて、
自分の身体を守ること、パートナーの身体を守ること、
検査に行くことの大切さを伝え続けています。



サリー チャリティセミナー1.jpg

2975.JPG

o0650036812281739516.jpg

photo-24.jpg

512 walk baloon1.jpg